トップページ / TECHNOLOGY

TECHNOLOGY

タグで絞り込み:

SynergySix(シナジーシックス)

SynergySix(シナジーシックス)

FFWDでは、ホイールの性能を明確にし、商品選びを容易にするために、独自のSynergySix(シナジーシックス)という評価システムを用いています。

一見すると、どこにでもありそうなレーダーチャートですが、いたずらに製品を良く見せるためのマーケティングツールではありません。お客様一人ひとりが、FFWDラインナップの中から自分にピッタリのホイールを見つけられるよう、モデルごとの違いを明確にし、特徴を分かりやすい差で表現しています。

チャートの情報を正しく理解するために、読み方と各指標が持つ意味について詳しく解説していきます。

エアロの新法則、LAWテクノロジー

エアロの新法則、LAWテクノロジー

ワイドタイヤはロングライドやグラベルロードだけでなく、レースシーンでも広く求められるようになりました。このトレンドに合わせ、チューブレスレディで、ディスクブレーキ専用、ワイドタイヤに特化した新しいリム形状が必要となります。FFWDでは、25mmまでのタイヤですでに最速の名をほしいままにしていたDARC™テクノロジーのF6Dのエアロ性能を、25〜28mmのワイドタイヤで凌駕するという目標を掲げ、ゼロから開発をスタートさせました。

新たなエアロの法となるLAWテクノロジーと、それを採用したRYOT 55の開発プロセスをご紹介します。

本物のエアロ効果とは?

本物のエアロ効果とは?

FFWDの本社があるオランダは「風車と一面に咲くチューリップ」のイメージが強いと思いますが、世界的には平らな地形と風の強さと雨の多さで知られています。そう聞くとあまり魅力的な感じがしませんが、実は、カーボンホイールを過酷にテストするには最高の環境なのです。

空気抵抗を軽減するリムの設計は、膨大な基礎研究と、様々なリム形状のコンピューター解析と、プロトタイプの風洞実験を重ねて最適解を導き出しますが、実走環境においてライダーが直面する風の状況を知らなければ、どの答えが正しいのか判断がつきません。